久しぶりに酔っている。

生き物と東京にいて思い出すことは、
生き物と一緒に台所にいたことと
夜のスーパーで買い物をして住宅街を歩いたこと。

もっと舞い上がるのかな、と思ったけれど、
私と生き物らしい落ち着いた時間だった。

なんだか意味不明に嬉しそうに台所にいる生き物。
ポテトフライを作りながら、端的に言って飽きました、と言っている生き物。
無心で私の作ったご飯を食べてると思いきや大喜びの生き物。
私の代わりにゴミを出しに行く生き物。

手をつないで真っ暗な住宅街を歩いた。
スーパーの袋を持って。

私と生き物は、並んで歩いてた。

昼間は、自転車に子どもを乗せて走る人がたくさんいる街を。
学生さんが、おしゃべりしながら歩く街を。


生き物のお昼休みに待ち合わせをした。
一緒に1時間だけお昼を食べた。
私も自分のお部屋に帰った。
ホテルじゃなかった。

夢のような日。
夢の日。
現実になった夢。


明日も生きていこうと思う。
何があっても大丈夫。
生き物が好き。
スポンサーサイト

好き

生き物が好き。
明日、死ぬよって言われても平気。
痛くないなら。

片付けして静かに待とうと思う。

けど、生き物と喧嘩したまま死ぬのは嫌だと思った。

いつでも明日は来るとは限らない。
生き物と明日を迎えられるように。
後悔のないように。
離れているから、いつもそう思う。

生き物に迷惑かけてたのに気がついてなかった。
のと。
自分の寂しい気持ち。もある。

時間は戻らないけど。
時間は戻らないし、今が1番いいんだけど。

東京に居た時は、出会った頃みたいに生き物の全部が私に向いている気がした。
最初の頃みたいで楽しかった。
とっても、楽しかった。

大人だから『最初の頃』とか『東京に居た時』は期間限定だからできた事で、それをずっと続けることは出来ないとわかっている。
のに、引きずってしまった。
それで、生き物に迷惑かけた。

私はずっとずっと生き物と一緒にいたいから、引きずっていたらだめなんだと思う。
でもでも、またあの時みたいに、と思ってしまう。
そんなことしたら、別れが早くなるだけで、生き物が辛くなるだけなのに。

生き物とずっと一緒にいたいから、
ずっとずっとずっと一緒にいたいから、
早く気持ちを切り替えよう!

生き物が朝の4時まで寝られなかったの。
何を考えていたんだろう。
それでも、LINEくれた。
朝のLINEも。
約束守ってる。

生き物が約束守っているから、私も早く切り替えよう。
日中は、何時まで電話できるか聞いてるんだから、夜も聞こう。そしたら、生き物も電話切りたいって言いにくいこと言わなくても良いし。

生き物が何でLINEに既読をつけなかったか、ちゃんと言ってくれた。
こういうの、ちゃんと言ってくれないとわからない。
後は、私がどうするか、だもんな。
ご主人様だし、生き物に甘えてばっかりじゃ、ね。

可愛い。

生き物は生き物にあげたトンボ玉のネックレスをカバンに入れて毎日持ち歩いているみたい。可愛い。

旅行

お盆に九州に行くと宿泊費が高いなぁ。
どうしよう。

東京長期滞在がとっても楽しかったから、また長期滞在したい。そうなると、九州に行っている場合じゃない。

簡易キッチン付きホテルで、洗濯機もあって部屋のレベルも何とかなりそうなとこ。
1泊7,000円くらい。前のウィークリーマンションと同じくらい。

狭すぎるとおしっこ飲めないし。
壁が薄いと隣に声が筒抜けになるし。
おじいさんの喘ぎ声とか、ホラー!
安すぎる宿は避けないといけないしなー。
この前のウィークリーマンションで、ないと困るけど安く買える物とか、当日からないと絶対困るものとか、色々わかったし。
長期滞在したい!

プロフィール

otoginokuninokoto

Author:otoginokuninokoto
私の願い事が何でも叶うおとぎ話。
私と従者である生き物の物語。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
CREDIT
top