私の主従は私のもの

私には私の世界観がある。
私の主従観は私のもので、それが好きな人だけが私の従者になれば良いと思う。

マゾはマゾだし、
従者は従者。

私とは全く別なもので、
絶対に同じ位置にはこないもの。

生き物が好きだけれど、生き物が生き物だから好きであって、生き物が人だったら好きにはなれないんだ。

誰がなんと言おうと、私の主従は私のもの。
私の世界は、私のもの。

私は私の世界の中では絶対的な主であるし、
それは業でもなんでもない。
ただその事実があるだけ。

私が私である限り、
私は生き物の支配者であるし、
生き物は私のものでいる。

それが私が生きているおとぎ話。
スポンサーサイト

可愛いなー

生き物と会えた。
4時間しかなくてばたばたするのが分かってたから、
お昼はうな重をお持ち帰りした!

お店は1時間半待ちだったみたい。
ホテルのお部屋でゆっくり食べられた。

いつもと違うホテルだったけど、デイユースの人がたくさんいた。
みんな何に使うんだろう。

生き物に脱毛の相談したり
土下座させて頭を踏んだり。

生き物に土下座させて頭踏みながら、謝らせたら楽しいかなぁと思ってたのに、
生き物が嬉しそうで全然楽しくなかった!


生き物が私を見てて、
目がとろんとしてきて、
あぁさちこ様お美しいなぁ
と思っているの、
可愛い。

生き物は何してても可愛くて、私は生き物と会うと、景色が全然違って見えて、色々なことの意味が全然違って思える。
新しい自分になれる感じがする。

生き物が好きだなぁ。

会った日は、思い出になってなくて、書けない気がする。


滑稽

今、鞭要員として私としては若めの50歳と連絡を取っている。

ちょっと滑稽なのが歳上だからって上から目線。
私は生き物にメールも見せちゃう。
年老いたマゾを募集すると、勘違いしてて『教えてあげよう』とするマゾがいる。

この話を生き物にしたら、実はその人よりもずっと年配の従者がいるのが面白いですね、みたいなことを言ってた。
そうなんだよねぇ。
それと、私には確固たる主従観があるから、育てられそうになると、滑稽だと思ってしまう。

男の人は、サービスされることに慣れてるし、
優遇されることにも慣れてる。
自然と威張るし自分が上だと思う。
なんて言ったて、ジェンダーギャップ111位の日本ですからね。

ジェンダーギャップ111位はわかりやすくて便利!最近よく使ってしまう。

話が逸れた。
それで、マゾ男性は、やっぱり女性を無意識に見下して自分の良いように動いてもらおうとする。
自分からは気を使わないし、相手に話を合わせない、相手をたてない、相手の話を聞かない。

これねぇ。直していくのがとっても大変なの。
生き物をよくやったと思うよ。
やった私が偉いよ。
Rくんは、マゾマゾしくてこういうのを他のところでカバーしてる感じかなぁ。

Kくんは、全然だめ。ダメすぎて笑える。

お肉食べたいなぁ
ステーキとか焼き肉でしょうか?
うー。すき焼き。
私もすき焼きは好きです。

はい。会話終了!
好みは聞いてない!なんだこれ!
Kくんの好みなんてどうでも良いわ!
自分の話を興味を持って聞いてもらえると思っているのが、とにかく滑稽なのだ。
生き物も大笑いしてた。
ご主人様の求めてることが何もわかってないつて。

Rくんなら、
すき焼き、ご一緒できたら嬉しいです。
改めて機会を設けていただけたら、幸いです。
だな。


そんで、鞭の人もありゃーと思うところもあるんだけど、まぁサクッと鞭やれたらいいなーと思ってる。
心配なのが、私が望む場を提供するだけの財力があるか。

あれだけ上から目線なのに、ランチ3,000円がアウトだったらどうしよう。
かなり心配。

心配も何もかも生き物に話してしまう私。
生き物は執事だなぁ。

にゃんず

先週生き物と会えるはずだったけど、
生き物家のにゃんずのうちのひとりが体調悪くて、会えなかった。

生き物は溺愛してるけど、多分にゃんずには缶詰業者くらいにしか思われてないな。

生き物は来るって言ったけど、にゃんずを優先してもらって今週になった。
会えるかなぁー。

生き物が土下座してるところが見たいのー。
可愛いよね。

地元のお気に入りのフランス料理屋さんに行くつもり。
サービスが田舎臭くて良い。
今時の軽いフランス料理じゃなくて、
バブルの時の日本のフランス料理みたいな感じなの。落ち着く。

おじいちゃんばっかり

自分で望んだことなんだけど。

主従関係重視しすぎて
おじいちゃんばっかりになっちゃった!!

会ってー
ご飯食べてー
お話ししてー
お茶してー
お話ししてー
さようなら。

あれ?
あれ?
あれれれれ、、、

主従なんだけど。ね。
ね?ね?ね?


鞭もしたいよねぇ。
Rくんは、鞭要員だったのに、妻さんに跡を見られちゃったから出来なくなってしまった。
Kくんは最初から痛いの無理で、お寿司要員だもんなー。

ということで、50歳で鞭できる人と連絡を取っている!
とても良い感じ。上手くいくといいなぁ。

生き物が人数が増えると、飼われている人の間で感情の齟齬?が生まれるかも、と指摘された。
そうだよねー。段々、そこらへんも気をつけないといけない人数になってくるよね。

生き物は、RくんとKくんは大丈夫そうだって言ってた。
生き物が、会っても安全そうという人とだけ会っていけばなんとかなりそうと思っている。

プロフィール

otoginokuninokoto

Author:otoginokuninokoto
私の願い事が何でも叶うおとぎ話。
私と従者である生き物の物語。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ
CREDIT
top